旅の様子をYouTubeで発信しています!チャンネル登録お願いします!

ツイッターで拡散される記事タイトルと投稿文章の考え方

自分の記事をツイッターで紹介したい。
拡散される記事タイトルの付け方を知りたい。
投稿内容で気をつけるポイントを知りたい。

という方向けの記事です。

拡散?「リツイート(RT)」

「拡散される」という意味は、Twitter(ツイッター)で多くの人にリツイートされるという意味です。

自分の記事のリンクが貼ってある投稿を多くの人が各自のツイッター内の友達にシェアしてもらうということです。

Twitterでの拡散メリット

結論から書きます。ツイッターで拡散されると、記事が有名になり、アクセスが増えます。

自分のサイトに訪問するひとはどこから来るのでしょう。

細かく分けるたくさんありますが、サイト運営で気にするべき流入元は2つです。

 

  • Organic Search
  • Social

Organic Serachとはグーグル検索からサイトにくることを指します。

Socialとは主にSNSからサイトにくることを指します。

今回は2つ目のSocial(主にツイッター)について深掘りしていきたいと思います。

SNS拡散を目的とした記事タイトルのポイント

 

クリックしたくなるタイトル

思わず読みたくなるようなタイトルとつけることがとても大切です。

どのような記事タイトルが読まれるかは過去に拡散された記事のタイトルを見れば答えがわかります。

ポイントと例をご紹介します。

記事タイトルは30字前後

表示されるのは全角34文字前後です。

25〜30文字位を目安にして書きましょう。

タイトルと内容を一致させる

タイトルと内容が一致していないと、興味を持ってあなたの記事にきた人たちが読んでがっかりします。

サイト運営ではファンを作ることが必要不可欠です。

タイトルと内容が違うということは避けましょう。

記事タイトルの例(パクッてOK)

数字を入れるタイトル

「〇〇のおすすめ7選」「〇〇の為にした5つのこと」などの数字を入れたタイトルです。

よく見かけると思います。記事がリスト化されているような記事は読まれやすいです。

形容詞を使うタイトル

「超可愛い。〇〇」「便利すぎる。〇〇」のような形容詞を使ったタイトルです。

特に若い世代の女性はこのタイトルの記事を読む傾向があります。

注意点: タイトルの頭にくる形容詞が長いと一番大事な〇〇の部分が目立たなくなってしまうことがあります。形容詞の部分はできるだけ短く書きましょう。

ターゲットを絞るタイトル

「大学生必見。〇〇」「フリーランス向け。〇〇」「新人が知っておくべき〇〇」など読者のターゲットを絞った記事タイトルを指します。

ターゲットを絞ることでターゲットはもちろん、ターゲット以外の読者も興味を持ち、サイトに来てくれることがあります。

もし自分がフリーランスならフリーランプ向けの記事を読みたいと思います。

また、これから就職活動をする学生や、起業、独立したいと考えているサラリーマンの人も記事を読んでくれることがあります。

質問系のタイトル

「〇〇についてどう思いますか?」「〇〇と〇〇、稼げるのはどっち?」などの疑問系を使ったタイトルです。

拡散される時に用いられる「リツイート(RT)」はその記事に自分の意見などを付け加えて、発信をすることが多いです。

リツイートを促すには拡散してくれる人が自分の意見を書きやすいようにすることが大切です。

この質問系タイトルは記事を読んでもらうことより、多くの人のTwitterの画面に自分の記事が載ることを重点的に考えた際、とても有効的なテクニックです。

とにかく煽るタイトル

「知らないと損!」「〇〇では当たり前!」「〇〇がないた!」「死ぬまでにみたい!〇〇」などの、とにかく煽るようなタイトルです。

このようなタイトルはTwitterなどのSNSでよく見かけます。

このような記事タイトルは読まれる傾向にありますが、記事に対する期待値(ハードル)が上がります。

ファンをつけることを考慮すると、読み終わったあとの満足度が高くないといけません。

本当に自信のある記事だけ、このようなタイトルをつけたほうが良いです。(基本的にあまりおすすめしません。)

投稿内容の書き方

投稿内容は80文字前後にする。

ツイッターの投稿は140文字の文字数制限があります。簡潔に記事を読みたいと思ってもらえるような記事の説明文を投稿する必要があります。

また、リツイートされる際、読者の意見や記事の感想のコメントを加えてリツイートされることが多いです。

コメントは一言二言でリツイートされることが多いと思う方が多いと思います。しかし、意外と自分語りをする人も多いです。(私自身自分語り大好きです。)なので内容は余裕を持って80文字くらいを目安にしましょう。

問題を提示。読むと得られるものを提示。クリックを促す。

80文字を目安にすると、とにかく簡潔に分かりやすく伝えなければいけません。これはメタディスクリプションの書き方と共通する部分があります。

「ターゲットの問題を提示する」「読むと得られるものを提示する」「クリックを促す」の3ステップで完結にまとめます。

「ターゲットの問題を提示する」

もっと○○したいけど○○でお悩みの方へ、

「読むと得られるものを提示する」

この記事を読めば、○○でこれから一生悩まない。

「クリックを促す」

○○業界で流行っているテクニックを大公開!

 

 

 

 

 

おわりに

参考になったでしょうか。

記事のタイトルや拡散する上での投稿内容はとても重要な役割をもっています。たくさん拡散されることで読者が増え、サイトのアクセスは確実に増えていきます。

今回はテクニックを多く書きましたが、読者を増やすために一番大切なことは記事数と記事の質を上げることです。
まずは多くの記事を書き、記事の質を上げましょう。

では、みんなでがんばりましょう!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。