旅の様子をYouTubeで発信しています!チャンネル登録お願いします!

【SEOライティング】その文章はgoogle様に評価されてますか?

 

自分の書いた文章がしっかり伝わってるか不安
いざ文章を書くと1文1文が長くなってしまう
どんな文章がSEO的に良いのか知りたい

という方向けの記事です。

SEOライティングでグーグル先生に評価してもらうには?

SEOライティングでグーグル先生に評価してもらうには?

結論:読者ファースト=誰でも理解できる文章を書く

結論は誰でも理解できる文章で記事を書くことです。

SEO(グーグル検索した時に上位表示される)の為には、あなたのサイトがグーグルに良い評価をもらうことが条件です。

ではGoogleはなにを基準にそのサイトを評価しているのでしょうか?

答えは「色々」です。

記事の質、記事の量、内部リンク、外部リンク、被リンク、HTMLの質や読み込みの速さなどたくさんの評価基準があると言われています。(アルゴリズムは公開されていないので全容を知っているのはグーグルの中の人のみです。)

この中でもっとも大切なポイントの1つと言われている記事の文章の質について、今回は書いていきます。

グーグルさんが最も好む文章のポイントは「読者ファースト」ということです。

「読者ファースト」の文章とはどのような文章かというと、

読者ファーストな文章 = 誰でも理解できる文章

「そんなの当たり前」と思う方もいるかもしれないですが、意外と意識できていない人が多いです。

では誰でも理解できる文章を書くには、気をつけるべきポイントがあります。

ポイントを押さえ、良質な記事を目指しましょう!

 

誰でも理解できる文章を書く時のチェックポイント

誰でも理解できる文章を書く時のチェックポイント

誰でも理解できる記事を書くチェックすべきポイントは3つあります。

  • 単語・漢字の難易度
  • 1文の長さ
  • 主語と述語の距離感

では見ていきましょう。

単語・漢字の難易度

単語と漢字のが難しいと読めない読者がいます。
簡単な単語を使うか単語の説明書きを書きましょう。
漢字が多いと読みづらいと感じる方がいます。ひらがなと漢字のバランスに気をつけましょう。

例えば、ITやマーケティングの記事でを書く場合、ブロックチェーンやKPI、ROAなどの専門用語を用いる場面があると思います。

しかし多くの読者は理解できません。

「記事を読む人の知識量≦記事を書く人の知識量」

ということを常に意識して書きましょう。

使いたい単語や漢字が一般的に知られているか考えましょう。
また、誤字脱字も気をつけましょう。(この記事にも誤字脱字があるかもしれませんがご容赦ください笑)

 

1文の長さ

長い文は読みにくいです。理解しやすい文章は35〜45文字程度と言われています。

これは普段話しているように文章を書く人は特に気をつけたいポイントです。

たとえば、

私が〇〇という映画をおすすめする理由は誰でも味わったことのある学生時代の恋愛の時の気持ちが蘇ってくるようなストーリーと主人公の〇〇の成長を感じることができ、涙なしでは見られないほどの衝撃的で感動的なラストシーンで作品が終わり、見終わった後もふとその作品について考えてしまうことがあるからです。

読みづらいと感じませんか?

長い文章は読んでて疲れます。文章は長くなりすぎないようにしましょう。

また、短すぎる文章が並ぶと幼稚な印象があります。バランスが大切です。
最後に音読をして違和感のない文章に仕上げましょう。

主語と述語の距離

主語と述語の距離が遠いと読みにくいです。

1つの文章に多くの情報を入れようとすると、主語と述語の距離が離れてしまいます。
例えば、

妻は、私がいつもお金がないと言っているのにも関わらず、ショッピングセンターへ行き、値段も見ずに衝動買いをする。

「妻は衝動買いをする」という文章に「私がお金がないと言っている」「ショッピングセンターへ行く」「値段を見ない」という3つの情報が入っています。

「妻は」と「衝動買いをします」の距離が遠いため、読みづらい文章になっています。

どのように解決したら良いでしょうか。

配置を変え、文を分けて書く

情報が詰まりすぎてる文章は配置を変え、文章を2つ以上に分けてわかりやすくする必要があります。

私はいつもお金がないと言っている。しかしショッピングセンターへ行き、妻は値段を確認せずに衝動買いをする。

終わりに

おわりに

参考になったでしょうか。

SEOライティングでは「読者ファースト」の文章を書く必要があります。
読者ファーストとは読者が理解しやすい文章を書くことを指します。

今回ご紹介したポイント意識すれば、読みやすい文章になります。
そしてグーグル先生に高く評価してもらえるようになります。

今回は以上です。みんなで質の高い記事を量産しましょう!!

では!!

こちらの記事も参考にしてください。

webライティングは結論第一。起承転結じゃだめですよ。記事の型を3つ紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。